グルコサミンサプリで敏感肌対策

グルコサミンサプリで敏感肌対策

グルコサミンサプリといえば、具体的にイメージされる効果は、お年寄りの関節痛などだと思います。

 

我が家の幼稚園児も、テレビコマーシャルなどを見ては「ぐるぐるぐる…」などと一緒に歌っている位ですから、そのイメージは相当に根強いものがある気がします。

 

グルコサミン サプリ http://www.apuintyspanishschool.com/

 

ところが、私が個人的によく効いた症状に、敏感肌がありました。

 

私はアトピーというほどではありませんが、ストレスなどが溜まると、お肌の調子が悪くなります。

 

頬などの痒みを感じて触ってしまい、炎症が悪化して、さらに痒みが酷くなり、また掻いてしまって炎症が激しくなる悪循環に陥ってしまいます。

 

どこかでこの循環を絶とうと考えて、触らないようにと決心をするのですが、深夜の睡眠中などにも、無意識で触ってしまうのが怖ろしい所。

 

朝起きると頬に掻いた跡などがあり、早朝から脱力してブルーになってしまう事もよくあります。

 

こんな症状に驚くほど効いたのが、グルコサミンサプリでした。

 

グルコサミンといえば、関節部分の軟骨を回復させる働きだけが注目されがちですが、お肌の保湿能力を高める働きも効果的なものがあります。

 

美肌成分として有名なコラーゲンが作用する時に、必須の栄養素の原材料の一つなのだそうです。

 

確かにグルコサミンサプリを飲み出してから、お肌が乾燥して痒みを感じないなとは自覚していたのですが、この様な医学的な理由があるとは思ってもみませんでした。

関節痛に悩んでいる方はグルコサミン

 

グルコサミンは関節痛に良く効くと言われています。関節痛は色んな事が原因で痛みが発生する事が多いです。

 

酷い方ですと、湿度や気温の変化だけでも激しい痛みが発生してしまって、日常生活に支障が出てしまう程です。

 

私も一時期、肘の関節痛に悩まされていた時期がありました。

 

少しでも肘を動かすとかなりの痛みが発生していたので、正直気持ちが参っていました。

 

しかし、病院に行ってグルコサミンがいいという情報を入手する事ができ、継続的にグルコサミンを使用する事で、徐々に痛みを抑える事ができるようになりました。

 

現在では薬を使用しないでグルコサミンを摂取する事により、そんなに痛みが発生しなくなりました。

 

年齢を重ねていく事で、様々な悩みが増えていくと思います。

 

その中の一つとして、関節痛が挙げられるはずです。関節痛になってしまうと動かす事に消極的になってしまって、関節痛以外の部分に悪影響を与える可能性もあります。

 

関節痛を完璧に治す事は難しいかもしれませんが、グルコサミンを摂取する事で少しは状況を変える事ができるかもしれません。

 

グルコサミンは関節痛に良く効くと言われていますので、関節痛で悩んでいる方は試していただきたいです。

グルコサミンのおかげで、心身ともに充実しています!

 

私もとうとう、グルコサミンを購入してしましました。

 

 

 

ずっと家族のために健康でいたいという思いから、

 

加齢によって不足するものは、努力して補わなければいけないと考えるようになり、

 

世田谷自然食品のグルコサミンを飲むことに決めました。

 

 

 

私は昔からウォーキングが趣味なのですが、

 

ここ数年、すぐに足が痛くなることが多くなり、

 

しばらく歩くのをやめていました。

 

 

 

しかし、グルコサミンを飲むようになってからは、

 

毎朝のウォーキングで足が痛いと思うことが少なくなり、

 

若い頃のようにしっかりと歩けるようになったので、とても驚きです。

 

 

 

まさかこんなに効果があるとは期待せずにいたので、

 

嬉しくて、精神的にも元気になってきたと思います。

 

 

 

有名な商品であるし、品質管理もしっかりしているということを読んだので、

 

安心して飲んでいますし、これからも購入を続けようと思います。

 

 

 

最近、ウォーキングの時に色々な人と出会い、話すようになったので、

 

加齢により小さくなっていた自分の世界が、また広くなってきたこと、

 

とても充実した毎日を送っていること、とても嬉しく思っています。

 

 

 

グルコサミンは手軽に飲むことができるし、心身ともに若返ったような気がするし、

 

本当に良いことだらけで、まだ飲んだことのない友人にもすすめています。

 

 

 

飲んで損はないものだと思います。

グルコサミンとコンドロイチンの違い

 

よくテレビなどのCMで流れている関節痛の予防用のサプリメントに、グルコサミンとコンドロイチンが一緒に含まれているものが多くなっています。

 

そのため、グルコサミンとコンドロイチンを混同している人が少なくありませんが、その成分や性質は大きく異なります。

 

 

 

2つとも、加齢によって擦り減った軟骨や、摩擦によって傷ついた関節の治療に効果を発揮しますが、厳密には2つの成分の働きによる効果には違いがあるため、摂取する際にはその効能の違いを把握する必要があります。

 

 

 

グルコサミンは甲殻類のエビやカニなどに多く含まれていることでよく知られていますが、人間の体内においても生成されている成分です。

 

グルコサミンはタンパク質と糖を原料に肝臓で合成されるアミノ糖であり、傷ついた軟骨を再生したり、修復したりする働きがあります。

 

 

 

一方、コンドロイチンはムコ多糖類であり、グルコサミンによって構成されています。

 

要するに、グルコサミンとコンドロイチンは親子関係になっています。

 

コンドロイチンは軟骨や皮膚などの粘膜に含まれおり、水分を保つ効果があることから、衝撃に対するクッションの役目をします。

 

また、軟骨を分解する酵素の働きを抑制する効果もあります。

 

 

 

ちなみに、グルコサミンは加齢によって体内における生成量が減少するため、体外からの摂取が必要になります。

 

ただ、食品から摂取できる量が少ないため、サプリメントが有効になってきます。

ひざ関節の老化防止のためのグルコサミン

 

この前、駅の階段を駆け上がる瞬間に一瞬足がもつれそうになりました。

 

足を踏み出したのはいいけど、力が入らないというか少し痛みが走ったというか、今まで感じたことのない感覚に少々自分でもびっくりしてしまいました。その現象が起きた右の膝をかばうように歩いていたら、いつの間にかその感覚は抜けて無くなってくれたんですけど、なんだか急に襲われた現象にショックを受けました。

 

頭の中には老化現象という文字が浮かんでいました。

 

 

 

家に帰って来てからその現象の原因を調べました。

 

やはり、ひざ関節の老化現象が始まってしまっているらしく、膝の関節の軟骨がすり減ってきているのではという結果に至りました。

 

それにはグルコサミンが有効だというので探すために通販サイトを見て回りました。

 

 

 

グルコサミンといえばよくテレビのコマーシャルで見聞きしていたサプリメントなので、当たり前のように知ってはいました。

 

ついこの前までは自分がその対象者という意識はなかったのですが。

 

今度もあの現象に見舞われたくない一心で購入してみました。

 

それから毎日粒状のグルコサミンを口に放り込んでいます。

 

あれからひざが折れるという現象は起きてはいないのですが、予防する上でも飲み続けようかと思ってます。